ブログ

Oさん(千葉大学LS卒。修習地松山)

1 日当以上の価値ある経験
「なんだ。日当でないのか…」。当該ホームページにアクセスし,かつ,受講生の体験談まで御覧になっているあなたの中には,このような感想を持ち応募を躊躇されている方も少なくないでしょう。安心してください。TLOサマー・インターンシップは,日当以上に価値ある経験を与えてくれます。以下,私が研修中に享受した様々な経験を述べることで,研修体験談とさせていただきます。

2 選抜ではなく育成
土・日の休みはありません。合計15日間,綿密に練られたプログラムに従って研修は実施されます。プログラムの内容についてはホームページや先輩受講者の体験談にあるため割愛させていただきますが,初日に研修日程表を渡されたとき,「大変なところに来てしまった…」と感じたことは記憶に新しいです。
私は,幸運にもTLOサマー・インターンシップだけではなく,他の事務所が開催するサマー・クラーク(以下「サマクラ」という。)にも参加させていただくことができました。そのような私がTLOのインターンシップと他の事務所のサマクラとの間で最も違うと感じたことは,TLOのインターンが「選抜ではなく育成」に主眼があるということです。一般的に,サマクラは内定者選抜のツールとして活用されるものであり,サマクラを通じて受講者を教育するという視点は稀有だと思います。しかし,TLOサマー・インターンシップは,「良き法曹とは何か」「良き法曹となるためにはどのようなことが必要か」ということを常に意識しながら研修期間を過ごせるようプログラミングされており,法曹の卵に対する大先輩による教育という側面が強いです。そのため,インターンシップを終了した頃には,「修習をどのように過ごすべきか」,「実務に出た後はどのように精進していくべきか」という将来のイメージを具体的に描けるようになりました。

3 御縁
先輩受講者の体験談にもあるように,研修期間に合わせてインターンシップOB・OGの方々との交流会があります。また,交流会にはTLOから独立された先生なども数多く参加されていました。さらに,本年度(平成27年度)のインターンでは地区の弁護士事務所の交流会にも参加させていただくことができました。加えて,平成26年度の統合後は,事務所内でより多くの弁護士先生方と研修期間を過ごすことができる状態になりました。
インターンシップのOB・OG会を開催する事務所など聞いたことがありません。TLOサマー・インターンシップに参加することで,諸先輩方との御縁というお金では買うことのできない貴重な財産を得ることができました。

4 最後に
やるしかないです。先に述べたように,TLOサマー・インターンシップのカリキュラムは綿密に練られており,課題の提出・報告もほぼ毎日実施されます。特に,本年度の採用者は私一人だけであったため,逃げ場がありませんでした。もっとも,私はこのような過酷な環境を望んでいました。少しでも実務を体感し,法曹としてのイメージを具体化したいという積極的な気持ちを持っているあなたにとって,TLOのインターンは,期待以上のものを与えてくれると思います。
熱い気持ちを応募用紙に込めて,是非とも貴重な経験を勝ち取ってください。TLOインターンシップのOBとしてあなたとの御縁があることを楽しみにしています。

PAGE TOP