ブログ

Iさん(大阪市立大学LS卒。修習地名古屋)

TLOのサマーインターンのプログラムの内容についてはHPに記載されていますが,このTLOのサマーインターンのプログラムを経験してみると,非常によく練られていると感じます。プログラムでは,まず法曹とはどうあるべきか,という課題から始まりました。当初は抽象的で捉えどころのない課題だと感じると思います。しかし,この課題は,プログラムが進み,後半に行くについて,「ああ,前に言っていたのはそういうことだったのか」と納得し,漢方薬のようにじわじわと効いてきます。
次に,民事の課題に入ります。この課題は実際の事案を元に検討を加えるものです。これらはロースクールでは扱わない(扱えない)課題であり,とても難しいです。また,先生方の講評を聴き,他のインターン生の回答を見ると,自分の至らない点を痛感し,とても勉強になります。
また,土日にはゴルフ場でゴルフをしました。また,ここで異業種研修も行いました。ゴルフをすると共に,諸先輩方のお話を聞くこともでき,とても有意義でした。
さて,このように2週間に及ぶTLOサマーインターンシップでは,それぞれの課題を先生方が執務するのと同じ部屋で検討し,起案します。このときに,各先生方のお仕事ぶりを間近で拝見することができます。K先生,M先生,T先生の先生の仕事の分野ややり方はそれぞれ異なるものであり,とても勉強になります。また,時には先生方の若手のころの話も伺うことができます。このような経験は他では絶対に得られないものであり,サマーインターンの課題以上に貴重なものであると思います。
このように,課題をとくことで自分の学力のなさ,座学の必要性を痛感するとともに,一法律家としての心構えについて学ぶことができました。
最後に,私は昨年もTLOサマーインターンに応募しましたが,残念ながら不採用となりまた司法試験も不合格でした。昨年応募した方,司法試験に不合格だった方も,ぜひとも応募してほしいと思います。

PAGE TOP