ブログ

Nさん(大阪大学LS卒。修習地横浜)

皆さんこんにちは。TLOサマーインターン3期生の者です。今回体験記を書かせていただく機会をいただいたのですが,僕が体験させていただいた経験を踏まえて,こんな人に本サマーインターンに参加してほしいと思ったことを書かせていただきます。

1 最終合格までにみっちり勉強できる機会がほしい方
司法試験は試験から合格発表まで長期間待たされます。しかし時間があるからといって発表があるまでは勉強に打ち込める人は少ないと思います。そうはいうものの何もしないのでは不安になるのではないでしょうか。そんな人にすすめたいのがサマーインターンです。サマーインターンでは1つの事件をはじめから短期間凝縮して検討する機会を設けていただけ,インターン中みっちり勉強することができます。そうすることで,今まで自分が勉強してきた実体法が実際の事件の中でどのように使われるのか,実体法の要件を満たすためにはどのような事実を挙げていくことが必要であるかという点がよくわかると思います。そのような経験をすれば,実体法の復習にもなりますし,また合格後研修所で起案を行う上での助けとなると思います。

2 法曹(特に弁護士)としてどうあるべきかということに悩んでいる方
昨今,司法制度改革や弁護士の就職難といった法曹業界でいろいろな変化があると思います。そのような中で法曹としての将来の道は多種多様で法曹として自分はどうなりたいのかに悩む人もいるのではないでしょうか。僕は今回サマーインターンに参加させていただいて,法曹としてどうあるべきかについて考える機会をいただきました。サマーインターンでは,資料や映画を踏まえて法曹とはどうあるべきかを自ら考え,議論する場を設けていただけます。そのような機会を通じて自分は今何をするべきなのか,プロフェッショナルになるためには修習をどのように過ごせばいいのか,自分の中で一本筋が通り,これがいいんだとはっきり言えるようになると思います。今後の法曹としての自覚を持つうえで貴重な経験になります。

最後に,このような経験をさせていただける事務所はほかにはないと思います。そして,僕にとってもっとも感謝したいのは,尊敬できる先生に出会う機会をいただけたこと,2週間という短い期間ではありますが研修を通じてほかの研修生と仲良くなれたことです。今後TLOサマーインターンで参加された皆さんとお会いできることを願っています。

PAGE TOP