ブログ

Tさん(名古屋大学LS卒・修習地名古屋)

私が,TLOサマーインターンシップ(以下,「本研修」といいます)に参加する前と後で変わったのは「司法修習(以下,「修習」といいます)に対する意識」です。
正直なところ,私は修習の重要性を全く理解していませんでしたし,「二回試験の合格率も高いし,修習中は人並みに勉強していればいいかなぁ」という,今思えば非常に恥ずかしく,甘い考えを持っていました。
しかし,本研修に参加して,K先生やM先生,更には現在修習中の先輩方の貴重なお話を聞く機会に恵まれ,修習の重要性について十分に理解することができました。
また,様々な課題を検討し,その後の先生方の解説を聞いて,現在の自分の未熟さを嫌というほど認識させられ,たった1年という短い修習期間の後,実務に出ていかなければならないということに鑑みると,修習中に勉強を十分にしなければならないと痛感しました。さらに,私以外の研修生はみな勉強熱心な優秀な方ばかりでしたので,勉強しなければあっという間に差をつけられると感じ,勉強に対するモチベーションがものすごくあがりました。
二週間の本研修を終える頃には,「修習で誰よりも勉強して,すぐに実務に出ることのできる力をつけよう」と決意し,修習を控える現在も,K先生に頂いた「実務必読文献リスト」を参考にして,勉強に励んでいます。
このように,本研修に参加すれば,私のように「修習に対する意識」が全く変わると思います。この「意識」の違いは1年間しかない修習で,どれだけ力をつけることができるかに大きくかかわってくると思います。私は本当に本研修に参加してよかったと思います。本研修については手放しでおすすめできます。
平成23年度以前の体験談を見て,いわゆる上位ローとよばれるところに通っていた方の体験談が多いため,どうしても「応募しても無駄なのではないか」と委縮してしまうことがあるかもしれません。しかし,私のような上位ローではないところに通っていた者でも先生方は採用して下さったので,やる気さえあれば,臆することなく,積極的に応募するといいと思います。

PAGE TOP